ビジネスの資金繰りが難しい

ビジネスの資金繰りが難しいけれども銀行では融資を受けることができないという個人事業者の方などは、ノンバンク系のビジネスローンを検討するのもいいでしょう。

また急な出費が必要になったり、繋ぎ資金を要するときなど、銀行でお金を借りるとなると審査や書類を整えるのに間に合わないという場合にも対応が可能です。

さらに保証人に関しても、第三者保証人は不要としているところもあるのでチェックしてみるのもいいかもしれません。ただし、ノンバンク系ビジネスローンの金利は銀行系と比べると高くなってしまいます。

借り入れる金額や返済期間などをしっかり考えて、融資の契約をしましょう。資金繰りに困っている際には、どうしても焦りがちとなり何よりも資金の調達を優先してしまいます。

そんなときだからこそ状況をきちんと理解し、無理のない計画を立てなければいけません。お金が借りられればそれで仕事が廻るので少々高い金利でも払えるだろう、という考えはオススメできません。

景気の先読みのできない昨今、甘い見通しは命取りです。また、たとえば表面上は5パーセントからとなっている金利も条件その他でそれ以上になるケースもあるので、ビジネスローン契約の際には契約書を熟読する必要があります。

非常に使い勝手がいい

最近ノンバンク系のビジネスローンを利用する方が多いようですが、実際利用する前にビジネスローンについての知識を身に付けておくことも必要かと思います。

まず、銀行ローンなどに比べると審査期間が短くスピーディ、さらに提出書類も少ないので手軽で容易に借り入れができることがメリットとして挙げられます。

急な出費や急いで支払わなければならないときなどは、銀行での融資が間に合わないこともよくあるでしょう。審査に時間が掛かってもお金が借りられればいいのですが、結局審査に通らず融資してもらえなかったという最悪の事態もありえるのです。

また、銀行では事業立ち上げや起業してまだ日にちが浅い場合にはなかなか融資は難しいのですが、ノンバンク系ビジネスローンでは問題ありません。

さらに、業者の中には無担保・保証人不要で融資を行なってくれるところもあるので、中小企業や個人事業主、自営業といった方には強い味方です。

いくらきちんとした会社というのがわかっていても、保証人を引き受けるとなるとちょっと躊躇してしまうものですよね。保証人が確保できないために、借り入れができなかったというケースも珍しくありません。

また融資金額も下は50万円くらいから最高1億円までOKというところもあるので、非常に使い勝手がいいといえます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ