<menu id="we444"><tt id="we444"></tt></menu>
  • <menu id="we444"></menu>
  • <nav id="we444"></nav>
  • 中國と外國の地図において釣魚島が中國に屬すると示されている

    1579年(明?萬暦7年)明朝の冊封使蕭崇業が著した『使琉球録』の中の「琉球過海図」、1629年(明?崇禎2年)茅瑞徴が執筆した『皇明象胥録』、1767年(清?乾隆32年)作成の『坤輿全図』、1863年(清?同治2年)刊行の『皇朝中外一統輿図』など、いずれも釣魚島を中國版図の一部としている。

    釣魚島を記録する日本の最も早い文獻は、1785年に林子平が著した『三國通覧図説』に収録されている「琉球三省並三十六島之図」であるが、この図では釣魚島を琉球36島以外に記してあり、且つ中國大陸と同色で示している。これは釣魚島が中國領土の一部であることを示している。

    1809年フランスの地理學者ピエール?ラビー(Pierre Lapie)らが描いた『東中國海沿岸各國図』には、釣魚島、黃尾嶼、赤尾嶼が臺灣島と同色で描かれている。1811年英國で出版された『最新中國地図』、1859年米國出版の『コットンの中國』、1877年イギリス海軍作成の『香港から遼東灣に至る中國東海沿海海図』等の地図では、いずれも釣魚島が中國の版図に組み入れられている。

    それ以外にも、1762年ポルトガル人の『航海針路図』には、釣魚島及びその付屬島嶼が臺灣に屬することが明確に示されている。1816年ロンドン出版の『東インド、中國、豪州周辺の航海指南』は、臺灣の付屬島嶼が明確に記載されており、その中には釣魚島を含む各島の経緯度も明記されている。

    调教风韵教师美妇娇喘
    <menu id="we444"><tt id="we444"></tt></menu>
  • <menu id="we444"></menu>
  • <nav id="we444"></nav>