<menu id="we444"><tt id="we444"></tt></menu>
  • <menu id="we444"></menu>
  • <nav id="we444"></nav>
  • 中國は釣魚島を長期に亙って管轄してきた

    早くも明朝に、東南沿海で活動する倭寇を防ぐために、中國は釣魚島を防衛區域に組み入れていた。1561年(明?嘉靖40年)に、明朝の東南沿海駐屯軍最高司令官胡宗憲が監修し、鄭若曽が編纂した『籌海図編』には、釣魚島などの島嶼が「沿海山沙図」に明確に表示され、明朝の海防範囲に組み入れられている。1605年(明?萬暦33年)徐必達らが作成した『乾坤一統海防全図』と1621年(明?天啓元年)茅元儀が作成した中國海防図『武備誌?海防二?福建沿海山沙図』も、釣魚島などの島嶼が中國の國境內に組み入れている。

    清朝は明朝のやり方を踏襲し、引き続き釣魚島などの島嶼を中國の海防範囲に組み入れたのみならず、それらの島嶼を臺灣地方政府の行政管轄下に明確に編入した。清朝の『臺灣府誌』及び黃叔璥が編集した『臺海使槎録』などの政府の文獻には、釣魚島に対する管轄狀況を詳細に記載している。1871年(清?同治10年)に刊行された陳壽祺らが編纂した『重纂福建通誌』巻八十六には、釣魚島を海防の要衝とし、臺灣府クバラン庁(現?臺灣省宜蘭県)の管轄下に置いたと記されている。1872年、周懋琦が編纂した『全臺図説』も釣魚島に関する記載を殘している。

    调教风韵教师美妇娇喘
    <menu id="we444"><tt id="we444"></tt></menu>
  • <menu id="we444"></menu>
  • <nav id="we444"></nav>